志望動機に思いを込めるES(エントリーシート)の書き方

選考対策
スポンサーリンク
  • 志望動機は何を書けばよい?
  • 志望動機が思いつかない
  • 志望動機がまとまらない

そんな悩みを解決できる記事になっています。

私は大企業でリクルーター経験年数が5年以上になります。

毎年30人以上の理系学生と会い、エントリーシートの書き方をアドバイスし、
合計30人以上合格に導いています。

この記事では、企業の採用担当者が志望動機を見るポイント、書く内容、書き方を紹介します。

この記事を読み終えれば、思いが溢れる志望動機が書けるようになります。

スポンサーリンク

志望動機で企業が見るポイント

企業が見るポイント

志望動機とは、就活生が会社への思い、働きたいことをアピールすることです。

アピールするにしても伝え方が悪いと、マイナスになってしまいます。

リクルーターをやっている中で、思いが伝わってくる志望動機を
下記に紹介します。

ポイントをまとめると、志望する思いが経験から来ている、
仕事をするイメージが持てるように示すことです。

このポイントを踏まえている就活生は合格しているので、
採用担当者も見るポイントは同様でしょう。

  • 内容が論理的であること
  • 本心で志望していること
  • 業界を志望する理由が明確であること
  • 会社を志望する理由が明確であること
  • 他の会社ではなくこの会社ではないといけない理由が書かれていること
  • 行いたい仕事が書かれていること
  • 仕事へどう貢献したいか書かれていること

やばい志望動機の例文

会社が見るポイントがわかったところで良くない例を見てみましょう。

例えば、下記はリクルーターを行っている中で、「ESを見てください」と就活生から
お願いされ、最初に送られてくるESがこのような感じです。

「社会の多くの人々の笑顔を生み出す」 理念に共感したためです。

御社は ○○のエンジンを始め、お客様が求める「走る歓び」だけではなく、

世界で問題となっている環境問題に貢献するために「優れた環境・安全性能」の

両立に向けて取り組んでいる姿勢が私の考えてた思いと一致していました。

私は次世代のエンジン開発に携わり、 クルマの持つ魅力 を最大限に引き出すことに

貢献したいと考えています。

これは会社の褒め言葉だけ書いている典型です。

ポイントを踏まえた志望動機にするためにはこれをどうしたら良いかを紹介していきます。

内定できる志望動機まで添削した内容

ストーリーに沿って書こう

志望動機は下記項目に沿って書くと面接官は理解しやすいです。

  • 業界を選んだ理由
  • 会社を選んだ理由
  • したい仕事
  • どう貢献する

先の例で各項目でどう書いていけばいいか書いていきます。

  • 業界を選んだ理由 :業界を選んだ理由を経験から書く
    例)私は研究発表で中国に行った際に環境汚染を目の当たりにしたため、
      世界中の人を環境汚染から救いたいと思い、自動車業界を志望しました。
  • 会社を選んだ理由 :他の会社にはないこの会社ではいけないことを書く
    例)御社の○○を運転した際に○○エンジンの音、加速感に感動しました。
      このエンジンは排気ガスを今までより低減しており、 「走る歓び」 に加え
      「優れた環境・安全性能」 の両立を目指す御社で働きたいと思いました。
  • したい仕事:会社、業界志望理由に合ったしたい仕事(正確でなくてもOK)を書く
    例)エンジンの開発に携わり、お客様が求める走行性能を満たしつつ、排気ガスを
      これまで以上に抑えたエンジンを開発したいと考えています。
  • どう貢献する:研究やバイト、部活などで得た経験から活かせることを書く
    例)仕事の中で多くの人と関わるため、バイトで培ったコミュニケーション能力を
      活かして、性能を突き詰めたエンジンの開発を行っていきたいです。

このように経験を踏まえることで、説得力があるオリジナルな志望動機になります。

したい仕事は正確ではなくても大丈夫ですので、自分の知っている範囲のことを書きましょう。

各項目を深掘りしよう

出来上がったストーリーの各項目に対して、深掘りをしていきましょう。

深掘りとはその理由はなぜ思った?といったように、なぜ?なぜ?を繰り返していくことです。

それにより、自分が取り組んだことの本心が見えてきます。

本心を志望動機に織込むことでよりオリジナルの志望動機になります。

また、質問対策にもなります。

先の例で深掘りしてみます。

  • 業界を選んだ理由 : 世界中の人を環境汚染から救いたい
    なぜ世界中の人を環境汚染から救いたい?
    → 中国の環境汚染で身の危険を感じたので、その脅威は多くの人が
      感じているため、その不安を取り除きたいと思ったから。
    なぜ不安を取り除きたい?
    → テニス講師のバイトの経験から手首の故障を抱えているお客様に
      手首の負担にならない打ち方を教えて、不安無く、楽しむ姿を
      見ることが自分の達成感に繋がったから。

このように深掘りしていくことで、思いの強さを志望動機で伝えれます。

実際は文字数の制約があるため、文字数に応じて、どこまでESに書くかを決めます。

志望動機は習うより慣れろ

志望動機を最初から完璧に思いが溢れる内容が書ける人は少ないです。

そこで、第一志望の企業を受ける前に他の企業を受けて、志望動機に書くことに慣れましょう。

大手のリクナビやマイナビ以外にもプロフィールを入力することでスカウトメールが届くキミスカ
やLINEで手軽に選考会応募可能なdigmeeなどは無料で登録できるので、こういうところで
応募する企業を見つけて、志望動機を書く練習をしよう。

まとめ

志望動機で会社が見るポイントを踏まえた書き方は下記です。

  1. ストーリーに沿って書こう
  2. 取り組んだことを深掘りしよう

せっかくこの会社のことが好きなのに、思いが伝わらないのは勿体ないです。

上記の書き方で自分の経験を織込んで思いが溢れる志望動機を書きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました