ES(エントリーシート)の研究内容をわかりやすくした元リクルーターの添削

選考対策
スポンサーリンク
  • 研究内容は論文と同じでいいの?
  • 研究内容が難しいけど、どうすればいい?

この悩みの答えは、研究内容を親でも分かるように書くことです。

私は大企業でリクルーター5年以上をやり、このようにエントリーシートの書き方を
アドバイスし、合計30人以上合格に導いています。

この記事では、どうすれば親でも分かるように研究内容が書けるかがわかるようになっています。

スポンサーリンク

研究内容で企業が見るポイント

企業が見るポイント

研究内容は、理系学生にとって自分の能力をアピールする一番の見せ場です。

アピールする前に内容が分からないとアピールになりません。

企業としてはどんな点を見ているか下記に示します。

このポイントを踏まえている就活生は合格しているので、採用担当者も見るポイントは
同様です。

  • 面接官が理解できること
  • 論理的であること
  • 目的を持って取り組んでいるか
  • 課題を捉えて研究しているか
  • どんな苦労したか
  • どんな工夫したか
  • 結果が目的に近づいているか

一番重要なのは、面接官(文系の人事)が理解できることです。

面接官が理解できないと勝負の土俵に立てていません。

そのためには、自分の親でも分かるように書く必要があります。

その方法を次で説明します。

研究内容の書き方

わかりやすい書き方

わかりやすく書くにはどうしたらよいかは、下記のことを取り入れて、書いてみましょう。

  • 世の中にあるものと関連付ける
  • 難しい研究になる程、例えを入れまくる
  • 専門用語を使わない

私の学生時代の研究は、「教師あり学習を用いるパターン認識モデル」を研究しておりました。

これを聞いただけでは、その研究をやっている人しかわかりません。

それなので、上記の3点を使い、 「男女を識別するために、あらかじめ身長と体重、
性別のデータから身長と体重だけで性別を識別する境界線を作成します。

これにより、ある身長と体重を入力したときに、それが男女どたらか判別できる
ような研究をしていました。」と説明していました。

これだけでは男女を判別する研究と思われかねないので、研究の詳細説明の際に
別の例えを入れて、説明することでいろんな研究に使われる基礎研究をしていると
理解してもらうようにしていました。

研究内容の構成

わかりやすい書き方で研究内容全体をどのように書いていけば良いかは、
下記項目に沿って書くと面接官は理解しやすいです。

  • 研究背景:世の中に対してどんな嬉しさがあるか
  • 研究目的/課題:取り組んでいる課題をわかりやすく
  • 課題へのアプローチ:どんな考えでどんな工夫して取り組んでいるか
  • 結果:目的に対して、どこまで達成しているか(定量的に)

この構成に沿って、わかりやすい書き方を意識して書きましょう。

研究内容を書いてみよう

研究内容を最初から親でも分かるぐらいに書ける人は少ないです。

そこで、第一志望の企業を受ける前に他の企業を受けて、研究内容を書くことに慣れましょう。

大手のリクナビやマイナビ以外にもプロフィールを入力することでスカウトメールが届くキミスカ
やLINEで手軽に選考会応募可能なdigmeeなどは無料で登録できるので、こういうところで
応募する企業を見つけて、研究内容を書く練習をしましょう。

下記におススメの就活サイトを載せてます。

まとめ

研究内容は親でも分かるぐらいに分かりやすく書くことが何より重要です。

そのためには、下記が必要です。

  • 世の中にあるものと関連付ける
  • 難しい研究になる程、例えを入れまくる
  • 専門用語を使わない

上記のポイントを押さえて、下記構成で書きましょう。

  • 研究背景
  • 研究目的/課題
  • 課題へのアプローチ
  • 結果

会社に入ってからも難しい原理などを上司や取引先に分かりやすく説明することが
求められるため、わかりやすく書く手法を学んでいても損はないので、
エントリーシートに研究内容を書く段階でそれを身に付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました